TOPICS

舞台スタッフ・裏方 新着記事

1件〜50件

  • 後援会パーティー2020

    1月25日、俳優座5階稽古場にて劇団俳優座後援会パーティーが賑々しく行われました毎年恒例の、劇団と会員を結ぶイベント。司会は若手が。ドリンクバーには中堅が……と適材適所の配置で。劇団歌にはじまり、乾杯2020シーズンのラインナップの紹介に豪華賞品をかけたクイズ大会などなど。そして、本日26日は研究所の入試。今回から新たに夜間部を新設開講。と『雉はじめて鳴く』終幕後も、ノンストップで走り続ける俳優座。来月には研究所二、三年合同公演、一年の修了公演が控え、三月は本公演『マクベスの悲劇』のほか、特別公演『かもめ』も・・・詳しくは随時お知らせいたします。後援会パーティー2020

    敏腕Pの日々のつぶやき

    敏腕Pの日々のつぶやき

    読者になる
  • 新劇と団子坂

    そもそも「薬屋さん」と「ドラッグストア」が同じなのかを門外漢の私は知らない。(昨日のブログの続きになってます)いわゆる薬局のまま役目を終えた店舗もたくさんあるわけである。また別の見方をすれば。新劇も小劇場も2.5次元も、世の中の多くの人々にとっては同じ「演劇」にほかならない。(多少の差異は感じつつも…)昨日久しぶりのオフ。眼鏡の度が合わないので直しに行った。隣が書店だったので、ふらり。文庫本なのにタイトルと作家以外にキャッチらしきものが派手に散ったシリーズに目を奪われた。・・・なるほど。例えば演劇のチラシ。型にはまりすぎていたな~なんて。買いもしないのに服飾のレイアウトを眺めに眺めて、足が草臥れた。そーいえば。インプットを完全に怠っていた。バスにも久しぶりに乗った。池袋東口と浅草寿町を結ぶ都営。巣鴨や三ノ輪を経...新劇と団子坂

    敏腕Pの日々のつぶやき

    敏腕Pの日々のつぶやき

    読者になる
  • ドラッグストアと新劇と。

    新宿を東口から西口へ大ガードをくぐり抜けると、左手が思い出横丁で右手には大きな交差点。その一角にドラッグストア。冒頭の写メがそれだけれども……昔は「薬屋さん」と呼ばれ、オレンジ色のぞうさんや、飛行機やアニメヒーローの乗り物(しかも10円)が店先にあった。・・・そしてある時期、衰退もした。が、近年は薬局の域をこえて、日曜雑貨、さらにはお菓子にお弁当、お酒まであるから、むしろ「薬もあるコンビニ」な佇まいも多い。爆買外国人の力も追い風に、街中にどんどん増えている。俳優座のある六本木。その交差点といえば、アマンド。あるいは交番。このランドマークを左右に見る角地にも最近ドラッグストアがオープンした。以前はケイタイ会社が入っていた。遠い昔は書店だったんじゃないかしら。(当時は勤務者ではなかったから自信はないけれど)きっと様...ドラッグストアと新劇と。

    敏腕Pの日々のつぶやき

    敏腕Pの日々のつぶやき

    読者になる