TOPICS
searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel

ポールダンス トップ

TOP help

続きを見る

続きを見る

  • 藤原竜也

    藤原竜也

    藤原竜也さんに関することならどんどんトラックバックしちゃってください!! みんなで藤原竜也さんを応援しましょう!!

    テーマ投稿数 15件

    参加メンバー 5人

  • 初日

    初日

    初日おめでとうございます。初日に関する事ならなんでもどうぞ。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 東京セレソンデラックス

    東京セレソンデラックス

    笑いや感動をくれる最高の劇団。 東京セレソンデラックスに関することでしたら、 何でもトラックバックしてください。 東京セレソンデラックス 公式サイト http://www.ts-dx.com/

    テーマ投稿数 3件

    参加メンバー 3人

  • 高槻現代劇場

    高槻現代劇場

    阪急高槻市駅最寄り 高槻現代劇場(高槻市立文化会館)の事なら何でもトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 47件

    参加メンバー 14人

  • TORII HALL

    TORII HALL

    大阪ミナミのど真ん中 千日前の小さな劇場 TORII HALL(トリイホール)の事なら何でもトラックバックしてください。

    テーマ投稿数 9件

    参加メンバー 5人

  • エンタメ・チケット情報

    エンタメ・チケット情報

    コンサートやイベント情報を共有してを一味違った日常生活や旅行を楽しもう。

    テーマ投稿数 1,229件

    参加メンバー 23人

  • 松嶋屋

    松嶋屋

    仁左衛門丈のトラコミュがなかったので作りました。 仁左さんだけでなく松嶋屋の話題などトラックバックやコメントしてくださいね。

    テーマ投稿数 24件

    参加メンバー 1人

  • アジテーターの集い

    アジテーターの集い

    世の中の矛盾を鋭く指摘しながら、改善しようとする同志を求めます。職種、方法は問いません。必要なのは少しの勇気と、反骨精神。常識を疑え!!

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 仁科克基

    仁科克基

    仁科克基さんです。 多岐川華子さんとの真剣交際が伝えられています。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

  • 多岐川華子

    多岐川華子

    多岐川華子さんです。 仁科克基と結婚を前提にお付き合いされているとのことです。

    テーマ投稿数 1件

    参加メンバー 1人

続きを見る

  • 還る場所

    鳥は巣の中で生まれる。人は病院で生まれる。死に際も、病院で世話になるのだろう。生まれた場所が、あなたの還る場所でしょうか? 確かに鮭は本能に従って、産卵の時期になると川を上り、生まれた場所に戻ろうとする。しかし、流れの勢いに逆行することは容易ではなく、旅の途中で生き途絶える鮭もいる。 人間も、あらゆる生き物も、人生の旅の途中で、突然思いもよらぬ死が訪れることがある。それは不運な最後でしょうか? とある小さな村の墓地を登っていると、美しい村の風景が見渡せた。そのとき、友人とこのような会話をした。 「僕が死んだら、灰を海に流してほしい。自然に戻り、自由になりたい。このようにどんなに美しい村の風景を望める山の上だとしても、あの真っ暗なお墓の中に閉じ込められたくはないな。墓に入るのは、残された人々のエゴによるものだと思う。祖先が、自分たちを見守ってくれていると思いたいからだ。でも、暗闇の中にずっと閉じ込められるなんて、考えただけでもぞっとする。」 すると友人はこう答えた。 「死んだ者に意識がないとしたら、どこにいても死人は何も思わないよ。まあでも、俺も墓の中は窮屈で嫌だな。子孫が、見守られたいって思っているなら、骨をキーホルダーにするっていう方が、よっぽどいいよな。コーティングしたら長持ちするだろうし。」 「いいね。高級感のある金の金具なんかに取り付けちゃったりして。子供はランドセルにつるしてお守りにするんだよ。これがおじいちゃんの骨。カッコいいでしょうってクラスの話題になる。」 どのような死に方を望むか、誰しも一度は考えたことがあるのではないだろうか? 三島由紀夫の言っていた、「望む死」。それは天然自然の自殺であった。例えば狡智長けやらぬ狐が、山ぞいをのほほんと歩いていて、猟師に打たれるような。自分の愚かさゆえに、天日の下に突然現れる不意な死。 また例えば最近見た「イントゥ・ザ・ワイルド」という映画で、旅する青年は、食用植物の知識不足から、毒草を食べて死んでしまう。楽園を求めてやってきたアラスカの手つかずの自然で、自分の無知ゆえに命を絶つ。それは、愛嬌のある、ボーイッシュな死に方だ。

    Dominique Nachi Dominique Nachi

続きを見る

「演劇・ダンスブログ」 カテゴリー一覧(参加人数順)